アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プログラムによる開発

手

コンピュータが業務で使われるようになってきている中、プログラムはコンピュータが動作するために必要な命令を与えることになります。
その命令は、エンジニアが命令を書き込んでいくことにより、コンピュータが動作してくれるようになります。
そのため、エンジニアは開発をする必要がある場で必要とされることが多く、様々なシステムを構築しています。
プログラムの構築により、エンジニアの組み立てた命令が役割を果たすようになります。

プログラマーの役割
プログラムを構築する人をプログラマーと呼ばれていまして、エンジニアの中でも特にプログラムを理解した人がこの役割を担います。
コンピュータに命令を与えるプログラムにはいくつかの言語がありますが、プログラマーはどの言語でもプログラムを組めるようにする必要があります。
プログラム言語には、それぞれ特徴があり、その場に適したプログラミング言語を用いてプログラマーがプログラムを構築します。
ITのエンジニアとして活動するためには、この技術は必要になる知識であり、役に立つ技術でもあります。

業務用のシステム
今では、どの企業でもコンピュータやシステムが導入されていますが、その中でも事務用に開発されているものは、COBOLが使われています。
プログラミング言語の中でもCOBOLは、業務で必要とされる算出などで使われることの多いプログラミング言語となっています。
COBOLはプログラミング言語の中でも、古くからある言語であるため、この言語を基に開発されている言語もあります。
エンジニアにとっては、この言語は基本となる言語のため、プログラマーとして働くためには必要になる言語となります。

COBOLとは

エンジニア

プログラマー、エンジニアではない人でもプログラミングをできるように開発された言語であるため、自然言語である英語に近い記述を目指した語彙、構文が使われています。
部、節、段落、文という本と同様の階層構造で記述されているので、関数や数式が入り乱れた他のプログラミング言語よりとっつきやすいと感じる人は多いです。
また、文字列解析や画面編集といった、事務処理の機能は豊富です。

問題点について
COBOLは、とっつきやすく、事務処理に利用しやすい反面、大きな問題点を抱えています。
まずは、英語に近い記述を目指したため、あまりに冗長であるということです。
他の言語と比較すれば、同じ処理をするのにかかる時間はどうしても長くなります。
また、現代的なプログラミング言語と比べて、論理制御機能が貧弱です。
オブジェクト指向モデルを導入してから多少改善されたものの、まだ他の言語より劣っています。
プログラマーにとって、効率が悪いことが多い言語なのです。

将来性について
このような問題点を抱えつつも、COBOLを利用しているプログラマーは多いです。
初期のプログラミング言語の中では、一番プログラマーが使っている言語です。
ただ、現代的なプログラミング言語が主流になりつつあるため、COBOLを理解することのできるプログラマーやシステムエンジニアが減少傾向にあることは確かです。
人材育成を行うか、もしくは、Javaなど他言語で事務処理を行うように切り替えていくことが求められています。